友達が少ない人の特徴

不 審な人物


友達が少ない人には、
やはりそれなりに特徴があります。


まず、 自分の素性、本音を
明かしたがらない人
は、友達が少ないです。



今の世の中、個人情報を守ることは、
常識になりましたが、それが行き過ぎると、
自分自身が不審な人物になります。



人間は、共通項がないように思えても、
いろいろと話していくと、共感できることが
わかってくるものです。



趣味や興味が同じ人間とばかりつき合おうと
する人
も、友達が少ない人の特徴です。



人間の趣味は、領域が狭く、
滅多に一致するものではありません。



アニメ好きな人の例を挙げても、ある番組は
好きだけど他は興味ない、という風に、共感できる
人というのは、どうしても限られてきます。



八方美人になる必要はありませんが、趣味が
一致しない相手でも、少しくらいは人の話に
付き合うという寛容さがないと、友達は作れません。



そして、本人が、人付き合いの悪さを自覚しているのに、
表面上はそれを隠し、そつなく振舞って、人付き合いが
よさそうなふりをする人も、友達が少ない人の典型です。



これは、 愛想よく上手に世渡りしているように
振舞っている
場合で、比較的よく見受けられます。



ただ、本人がうまく立ち回ったとしても、
結局は、見透かされてしまうのがオチです。

このページの先頭へ

クーポン券