中学生の友達の作り方

偽 者の自分


小学生までは、「友達の作り方」など意識しなくても、
いつのまにか自然に友達ができるものでした。


ですが、中学生ぐらいからは、そうは
いかなくなってきます。


中学生ともなると、だんだん
「人間を見る目」が養われてきます。



「友達を作ろう」と意識するあまり、
本来の自分とは違うキャラクターを作って
接してしまってはいけません。



そんな付け焼刃の 演技はすぐにボロが出てしまいます。



もしうまくだましきれたとしても、そんな
友達付き合いははたして本物と言えるのでしょうか?


卒業するまで 偽者の自分と付き合わせるのですか?

そんなわけにはいきませんよね。



では、どうやって友達を作れば良いのでしょう?


一番の近道は、 興味のある部活に入る事です。



ここでの部活の選び方も、
前述のように自分を偽ってはいけません。



友達を作るためだけに入ったと知ったら、
その部の活動に対して本気で取り組んでいる
メンバーはどう思うでしょうか?


友達付き合いとは、想像力です。



相手がどう思うかを常に考え、相手に対して
不誠実な事・不愉快に感じさせるようなこ
はあってはなりません。



といっても、人間だれしも失敗もあります。



傷つけてしまった・怒らせてしまった、
と思ったならすぐに真剣に謝りましょう。

このページの先頭へ

クーポン券